MENU

脱毛サロンやクリニックにいく前日の注意点は?

脱毛をしようと意気込んでみても、いざ行こうと思うと色々と素朴な疑問が湧きあがってきませんか?例えば、脱毛前のムダ毛処理はどうすればいいのかです。生えた毛を抜くというイメージを持っている人はむしろ生やし放題で行った方がいいと思っているかもしれませんし、そもそも脱毛しに行くのだから勝手にやっては駄目なのではないかと思っている人もいます。ここでは、脱毛前のムダ毛の自己処理について、正しい知識をご紹介していきます。

 

>脱毛サロン人気ランキングを見る<

 

基本は自己処理してからサロンへ

ほとんどのサロンではムダ毛の自己処理をしてから来店することを言われるのですが、中にはムダ毛がある状態で来るよう勧められる場合もあります。しかし、何も指示がなければそれは脱毛前には事前処理を行うのが普通だと考えられているサロンです。

 

施術の前日や2日前には自分で処理をしてくださいというところが多く、今ではこれが一般的です。以前はサロン側が剃ってくれるケースがあったそうなのですが、今ではシェービングは行わないというところが増えているようですね。
また、急に生理が来たら脱毛サロンに理由を説明してキャンセルしてもらいましょう。

脱毛は肌に刺激を与えるので、生理の他にも肌が熱を持っていたり、なんらかのトラブルを持っていると脱毛器具の仕組み上施術が不可能なのです。生理痛でゆっくりしたいわという人も多いので、そういう時は電話をしてキャンセルしてもらいましょう。
>>生理中のVIO脱毛ナビ

 

何故自己処理をしてから行くの?

そもそも何故自己処理をしてからサロンへ行くのかというと、多くのサロンが施術で使っている光脱毛ではそれが必要な作業になるからです。光脱毛とは、特殊な光が毛根部分のメラニン色素に反応し、脱毛をするという仕組みです。

 

毛にもこのメラニン色素は含まれているので、ムダ毛がある状態でこれをしてしまうと、より多くの熱エネルギーを受けて焼け焦げてしまうことがあるのです。

 

これではいけませんよね。危険性がありますし、肌にも悪影響を及ぼします。痛みを感じないためにも、そして目的である毛根部分のメラニン色素を対象にするためにも、ムダ毛は剃っていった方が良いのです。あまり上手く剃れないという人も安心してください。2mmくらいまでなら大丈夫とのことですから、ムラがあっても大丈夫です。毛周期によって脱毛するタイミングが重要となってくるサロンでは、自己処理を怠ったという理由で施術ができなくなるということがないよう、気を付ける必要があります。

 

もし事前処理を忘れてしまったら…

サロン側から自己処理をしてくださいねと言われていたにもかかわらず、ムダ毛を剃り忘れてしまった場合はその日の施術ができなくなる可能性が大です。施術を行うのに危険が伴ってはいけないので、安全面を最優先させるためです。

 

ムダ毛がある箇所の施術をしてもらえないのは悲しいので、入念なチェックが必要でしょう。

 

しかし、脱毛サロンのうち全てがそうではありません。中には剃り忘れや剃り残しに対応してくれるところもあります。どうして一部しか対応していないかというと、刃物であるシェーバーを使うことは医療行為にあたるとして禁止しているところが多いからです。サロンは医療脱毛ではないということをお忘れなきよう。

 

見えない部位の自己処理は?

自己処理
自己処理と言っても、普段行っている私の方法でいいのかしら?と迷う人もいるでしょう。部位によっても様々な方法が言われているので、ここではそれらを少しまとめてみました。
脱毛前に剃るタイミングは脱毛の前日か2日前がベストとされています。また、肌を傷つけて状態で脱毛をするのは危険なので、それを回避するためにカミソリではなく電気シェーバーでの処理がオススメです。でも、自分で見える範囲ならまだしも、背中やお尻などはなかなか難しいものがありますよね。

 

そんな時は、無理して自己処理をする必要はありません。サロンではシェービングが禁止されているところが多いと書きましたが、ほとんどのサロンは、例外として自分で手が届かない部位については有料でシェービングをしてくれます。とはいえ、このサービスがないところもあるので要チェックです!

 

口コミでは、シェービングに対して寛容なサロンが人気なので、そこに的を絞って検索するのもありですね。

 

自己処理の3大禁止事項
毛抜きは厳禁!

 

電気シェーバーでの処理が一番安全で正しいとされていますが、中にはよりキレイにと、毛抜きをしてしまう人もいるようです。これも自己処理のうちですが、脱毛サロンへ行く前の処理としては正しくありません。光脱毛の場合は毛根がないと施術の効果がないので、それを残しておく必要があるのです。ということは、毛を毛根ごと引き抜いてしまったら、せっかくの脱毛効果もないということになります。

 

飲酒もNG!

また、一見関係がないようですが、ほとんどのサロンでは施術前日、当日の飲酒は禁止されています。アルコールを摂取すると体温が上がるため、施術することによって火傷を負ったり、腫れることがあるからです。赤みやかゆみという症状も出ることがあるので、ここは自己責任ですね。同じように体温があがるような行為である、激しいスポーツやマッサージ、海での遊泳もいけません。肌をキレイにする目的のはずなのに、余計に悪化させてしまっては元も子もありません。

 

施術直後の入浴は禁止!

脱毛をした直後は、肌が非常にデリケートな状態になっています。このことから、施術当日には入浴はしないでくださいと言われることが多いです。湯船には雑菌がいることから、普段はなんともなくても肌が炎症を起こしてしまうことがあるのです。でも、シャワーならOKなのでかるく浴びて就寝するのが良いかもしれませんね。

 

デリケートゾーンの処理方法

デリケートゾーンの自己処理
もし、デリケートゾーンの脱毛をしようとしているなら、その当たりの自己処理はどうしたらいいのだろうと思う人もいます。肌が弱い部分なので、下手に傷つけてしまっては危ないですよね。

 

基本、デリケートゾーンの処理にはハサミと電気シェーバーを使います。前述したように、肌を傷つけてしまわないようカミソリは向いていません。Vラインでは、ハサミで毛を短くカットしてから毛を剃りましょう。長い毛のままだと、電気シェーバーに絡まってしまうことがあります。また、肌への刺激を最小限に抑えるためには、デリケートゾーンだけでなく、他の部位でも毛の流れに沿ってシェービングするのがオススメです。逆らった方がよりムダ毛を短く剃れるような気がしますが、施術でキレイになるのですからここでは気にせずいきましょう。

 

 

脱毛前の自己処理を何故するのか、どうするのが正しいのかがわかっていただけたでしょうか。

 

医療脱毛はシェービングも永久脱毛もでき、サロンと比べると可能なことが多いのですが、医療行為でない限り自分でやらなければならないところもあるのがサロンでの脱毛です。せっかく行ったのにシェービングがきちんと行われていなかったために何もせずに帰ってきたということがないよう、自己処理はしっかりやっておきたいものですね。

 

予約を取るのも簡単ではないサロンだってありますから、それを自分からキャンセルしてしまうようなことは避けましょう。もし仮に、入念にチェックしたにもかかわらず剃り残しがある場合は、そうなったことを想定して自分でシェーバーを持っていくのも一つの手でしょう。女性はムダ毛の自己処理が大変ですが、脱毛することによってその負担がなくなるのですから、思いきったら徹底的にキレイになってみましょう!

脱毛前日に剃るのがベスト!

デリケートゾーンの自己処理

脱毛サロンに行く前には自己処理が必要だということを書いてきましたが、その「脱毛前」って具体的にいつなの?と思っている人も多いでしょう。

 

結論から言うと、予約した日の前日から3日がベストです。昔はそうでもなかったようですが、今は光脱毛という脱毛方法を取っているサロンが多く、それの効果を上げるためには脱毛前にムダ毛を剃っておくことが必要です。

 

もし剃っていなければ脱毛は無理ですと帰されてしまったり、別に料金をとられてしまうことも。それを防ぐためにも、きちんとシェービングを行いましょう。

 

光脱毛の仕組み

光脱毛では、黒い色素に反応するという特徴があります。だから日焼けした肌やホクロのある箇所の脱毛、傷跡の上は脱毛が難しいと判断するケースもあるそうです。黒い部分に反応するということは、日本人の黒い毛は特に、それがあるとその毛にも反応してしまい、うまく毛根にだけ熱エネルギーを当てるということができなくなるのです。光脱毛では、脇などの太くて濃い毛にも対応しているので、ムダ毛が生えていると毛が焦げてしまいます。火傷を負わないためにも、脱毛前にシェービングをすることは必要な処置と言えるでしょう。

 

脱毛当日は駄目?

脱毛前日から3日くらいにシェービングをすることが望ましいと書きましたが、では当日ではどうでしょうか。より毛が短い状態なので、毛根に脱毛機器が反応しやすいと思いませんか?しかし、これもまた駄目なのです。毛を剃るということは、肌の角質も一緒にそぎ落としているということです。ということは、剃ったばかりというのは肌はダメージを受けています。その状態での脱毛は更に肌の状態を悪化させる原因となってしまうのです。よって、一日前までなら肌の回復期間があるので脱毛可能ということになっています。

 

肌の調子が悪い場合は、安全面を考慮して施術が不可能と判断される場合もあるので注意しましょう。いつもしないという人も、脱毛前のシェービングに限っては保湿ローションを塗ったりして、いつも以上に肌を労わると良いでしょう。ちなみに、毛が早く伸びるという人は、毛が2mm以上にならない範囲を心がけてください。これ以上になると脱毛不可とするサロンもあるようです。

 

まとめ

光脱毛の仕組みから、自己処理のタイミングは脱毛の前日ということになります。のびすぎても駄目、肌が荒れていても駄目なので、その日のお風呂では少し時間をとれるように予定を組むのが望ましいですね。それも考慮した上で予約が取れるようにしておくと良いでしょう。