MENU

VIOの事前処理について徹底解説!

VIO脱毛前の処理

 

近年、女性の間で密かに注目を浴びているVIO脱毛!

 

私も挑戦してみようかな?」と考えている女性も多いのではないでしょうか。

 

そこで気になるのがVIO脱毛前の事前処理! 自分で処理が難しい場所だからこそ、

 

  • どうやって処理していいか分からない
  • 肌を傷付けそうで怖い…
  • VIOの脱毛前は処理しないとダメ?
  • デザインによって処理も変わる?

 

といった疑問や悩みを寄せる意見も目立ちます。

 

そこで今回はVIO脱毛前の処理に悩む女性に向けて、正しいVIOの処理方法やポイントを徹底解説していきましょう。

 

この記事を参考にすれば、VIO脱毛で好みのデザインが思いのままに!

 

VIO脱毛の前は自己処理必須?

VIO自己処理

 

そもそも、どうしてVIO脱毛前に自己処理が必要なのか?簡単におさらいしていきましょう。

 

まずサロンの脱毛は、メラニン色素(黒色)に反応する光の熱で毛根を刺激し、効果を発揮します。

 

そこでムダ毛が伸びたまま光を当てると、強い反応を起こして

 

  • 火傷・炎症のリスク
  • 肌トラブル
  • 脱毛効果の半減

 

など、次のような症状の原因に繋がるリスクがあるんです。

 

そのためサロン側では、安全な脱毛を行うためにも必ず事前処理をお願いしています。

 

VIOの処理をはじめる前に押さえておきたいポイント3つ

VIOの処理3つのポイント

 

安全にVIO脱毛を進めるために、事前処理は必須!

 

しかしデリケートゾーンは自分で処理が難しい部分なので、苦手意識を持ってしまいますね。

 

こうした苦手意識を克服するために、まずはVIOの事前処理で必ず押さえておきたいポイントを確認していきましょう。

 

  • カミソリ、毛抜きはNG
  • 脱毛当日の1〜2日前に処理しておく
  • 必ず電気シェーバーを利用する

 

まず自己処理はカミソリや毛抜きではなく、必ず電気シェーバーを使用!

 

その理由はカミソリでVIOを処理すると、深剃りしやすいため肌を傷つけるリスクも…。

 

さらに毛抜きの場合、毛根から抜き取ってしまうので、脱毛の光が反応しなくなってしまいます。

 

このように光脱毛の効果を失わないためにも、施術1〜2日前に電気シェーバーで優しく自己処理すること大切なんです。

 

ムダ毛の長さは1o〜2o!

VIO脱毛の効果を発揮するために、ベストなムダ毛の長さは1mm〜2mm程度!

 

サロンの光脱毛は毛の色に反応して効果を発揮します。

 

そのためあまり深剃りしすぎない程度に処理することが大切です。

 

また毛質によってムダ毛の成長スピードも変わるので、自分の毛質をチェックしながら事前処理するタイミングを伺ってみてくださいね。

 

いざVIO処理!準備するものや手順を確認

VIO処理の準備

 

では実際に、気になるVIOの処理手順について、詳しく説明していきましょう!

 

まずVIO処理で必要となる、次のアイテムを準備。

 

  • 電気シェーバー
  • ハサミ
  • 手鏡、大きな鏡
  • 新聞紙
  • スキンケア用品(保湿)

 

このように特別は必要ないので、家にあるもので簡単に処理することができますね。

 

また新聞紙を用意しておくと、処理後のムダ毛を片付けるときに便利ですよ!

 

上記の準備できたら、次は手順について説明していきましょう。

 

事前処理の基本的な流れを確認

それではVIOの処理について、まずは基本的な流れをチェックしていきましょう。

 

ハサミでカット

 

VIO脱毛前の処理ってどうしてる?その方法やポイントをチェック!

 

はじめにムダ毛を短くカットします。

 

いきなりシェーバーで剃ると長い毛が絡んで、上手く剃れません。

 

そうなると繰り返し同じ場所に刃を当てる必要があり、必要以上に肌へ負担を与えてしまいます…。

 

必ずハサミで短くカットしておきましょう!

 

ハサミ

 

シェーバーで剃る

 

顔用シェーバー

 

シェービング時は、必ず毛の流れに沿って剃る!

 

逆剃りするとキレイに剃れますが、肌の表面に傷を付けてしまいます…。

 

VIOの皮膚は特にデリケートなので逆剃りNG!肌トラブルを起こさないためにも、優しくシェービングしてくださいね。

 

VIO脱毛前の処理ってどうしてる?その方法やポイントをチェック!

 

アフターケアを徹底!

保湿クリーム

 

処理後の保湿を徹底する。

 

VIOの処理後は、その刺激によって皮膚がデリケートになっています。

 

見た目に変化がなくても、必ず入念な保湿を!

 

普段使用しているスキンケア用品でしっかり保湿することが、処理後の肌トラブルを防ぐ大事なポイントです。

 

 

このようにデリケートゾーンは皮膚が薄いため、肌を傷付けてしまわないように丁寧な処理を心がけてくださいね。

 

万が一肌を傷付けてしまうと当日施術を断らてしまう場合もあるので要注意!

 

美しいVIOを目指すためにも面倒がらず、しっかり基本の手順を踏んで処理をしていきましょう。

 

デザインで違う!?V・I・Oごとの処理ポイントを確認

VIOの処理ポイント

 

一口にVIO脱毛といっても、形やデザインも豊富!そして、このデザインによっても事前処理のポイントが変わります。

 

自分が理想とするVIOデザインに仕上げるために、

 

  • Vラインの処理
  • Iラインの処理
  • Oラインの処理

 

それぞれの処理ポイントをチェックしていきましょう!

 

Vラインの処理

 

まずVラインの事前処理は、どんなデザインを選択するかによって、その方法が異なります。

 

そこであげられる主な自己処理方法は、次の3つ!

 

  • 形を整える!
  • 全体の毛量を減らす
  • パイパンにする

 

形を整えたい人の場合は、どんなデザインにするか?事前に決めておきましょう。

 

脱毛サロンでもVIOデザインを提案してくれるので、 まずはスタッフの方と相談してみてくださいね。

 

それでは各デザインの処理ポイントを確認しましょう。

 

形を整える

残したい形以外は剃る

毛量の調整

1回目は全剃り
2回目は処理したい部分だけ

パイパン

最初から最後まで全剃り

 

このようにVラインのデザインによって、各ポイントが異なります。

 

またVラインは曲線なので、剃り過ぎてしまったり、怪我をしないように注意してくださいね。

 

Iラインの処理

 

IラインはVラインとの繋がりを意識するために、意外と重要な部分!

 

考えられるデザインは、大きく分けて以下の3つ。

 

  • 前面だけ残す
  • 毛量を整える
  • すべて処理

 

上記のデザインごとに、事前処理で確認しておきたいポイントをチェックしていきましょう。

 

前面だけ残す

Iラインの幅に注意

毛量を整える

2回目ま全剃り
3回目は様子を見て調整

パイパン

粘膜部分は慎重に

 

もしもVラインのデザインを設定する場合は、Iラインの幅は重要。この幅が広すぎると、Vラインを整えても処理してないように見てしまいます。

 

そのため幅と残す範囲に注目しながら事前処理をするのが、ポイントですね。

 

Oラインの処理

 

この部分は基本的に、すべて全剃りがベターでしょう。

 

しかしVIOの中でも、1番処理が難しいOライン…。大半は脱毛サロン側で対応してくれるため、自分で無理するのは禁物!

 

シェービングサービスを導入する脱毛サロンで安全に処理してもらうのが、おすすめですね。

 

そこで実際に、人気脱毛サロンのOライン処理対応について、次項で詳しくチェックしてみましょう!

 

人気脱毛サロンのVIOシェーングサービスを比較

Oラインは自分で処理が難しい部位なので、サロンに任せるのがおすすめ!

 

人気脱毛サロンごとに、Oラインのシェービングサービスについて調査しみた結果を見ていきましょう。

 

脱毛サロン シェービング
ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

無料サービス

銀座カラー

銀座カラー

VIO脱毛前の処理ってどうしてる?その方法やポイントをチェック!

シェーバー持参で無料

脱毛ラボ

脱毛ラボ

有料サービス

キレイモ

キレイモ

コースによる

 

Oラインのシェービング対応は、サロンによって変わりますね。

 

基本的にどこもシェービング対応可能ですが、中には基本的に有料対応やコースによって無料対応になるケースもあります。

 

その一方でミュゼプラチナムは基本的に無料対応!また銀座カラーもシェーバー持参で無料対応なので、余分な支払いがなく安心ですね。

 

もしVIO脱毛のサロン選びに迷ったら、シェービング対応も視野に入れなら選んでみましょう!

 

正しいVIOの自己処理方法を把握して、理想のデザインに仕上げよう!

 

いかがでしたでしょうか?今回は気になるVIO脱毛の事前処理について、徹底的に紹介してきました。

 

ここで最後に、大事なポイントをもう一度簡単におさらいしていきましょう!

 

  • VIOの処理は電気シェーバー使用
  • デザインに合わせて処理方法が違う
  • Oラインはサロンにお任せ!

 

このようにVIOは事前処理が難しい部分だからこそ、ポイントをしっかり押さえることが大切。

 

無理をし過ぎると怪我する恐れもあるので、サロンのシェービングサービスも利用しながら、理想のVIOデザインを叶えていきましょう!