MENU

脱毛前に飲酒してせっかくの脱毛効果をムダにしないように

「脱毛施術の前日や施術前後12時間ほどは飲酒をしないでくださいね」これは、脱毛サロンで言われる注意事項です。アルコールを飲まない人には関係ないですが、普段から飲んでいるという人は意識して注意しないと失敗してしまいがちです。人間の習慣は怖いですから、忘れて飲んでしまった!なんてこともありえます。脱毛は1回の施術では終わらないので、なかなか禁酒するのがキツイという人もいるかもしれませんが、それが危険行為であることを再認識しておきましょう。

 

お酒は肌を乾燥させる

お酒を飲んでいて「あ〜、肌が乾燥してきたわ〜」と実感する人は少ないと思いますが、実はこれは本当の話です。わかりやすい例でいうと、お酒を飲むとトイレが近くなりませんか?これはアルコールを摂取したことによる利尿作用です。この時点でもう水分が持っていかれていますね。

 

また、お酒を飲むと身体がポカポカと温かくなってくることも経験したことがあると思います。こうなると身体の働きとしては熱を体外に逃がそうとして発汗もします。ということはまたまた水分がもっていかれることになります。

 

さて、そうなると当然お肌だって水分を失って、結果乾燥してしまったということになるのです。脱毛するには肌が潤っていなければダメージを受ける可能性があるので推奨されません。このような状態でサロンに行っても効果は高くないので、言われたことは守らないといけません。

 

施術後にお酒を飲んでしまったら?

脱毛後に気を抜いてお酒を飲んでしまったという人の例があります。この人はレーザー脱毛で光脱毛ではないのですが、いずれにせよやはり飲酒は駄目だと言われたそうです。しかし、ちょっとだけならいいかという心から飲んでしまったところ、施術した太ももが赤く炎症を起こしていました。まだかるい炎症でしたが、毛穴が全てうす赤くなっており、全体的にみるとかゆそうな印象を受けました。翌日には治ったとのことで大事には至らなかったのですが、その人も後悔していたようにやってはいけないことが身にしみたようです。

 

まとめ

どうしてもお酒を飲みたくなったら、脱毛前の飲酒が何故駄目なのかという理由を今一度思いだしてみてください。人は原因がはっきりしていると行動を考え直します。学校でも、理由のわからない校則を守れと言われても「なんで?」と反抗したことはありませんか?でも、理にかなった説明がなさせると納得したと思います。この原理と同じで、してはいけないことに理由を持つことが禁酒をするコツです。